【Keiko ism】TPO

2015年12月8日

マダムKeikoです

ファッション界では シーズンレス ボーダレス が普通となっています
夏にブーツ 冬にノースリーブのドレスなど 季節違いのアイテムを用いて
斬新に御洒落を楽しまれています

これはモデルや芸能人の世界だけではなく 
一般の方たちの中でもシーズンレスが浸透しています

最近の冠婚葬祭のシーンを見ていて とても気になるのが
TPOを守らずに出席されている方が多いことです

守れないのではなく TPOと知らないと申し上げた方が良いでしょうか?

TPOとは
Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の
頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味します

洋装にも和装にも 「時 場所 場合」に応じたふさわしい装いのルールがございます

お着物には 着る季節や格 色 柄 小物の種類など 厳格な決まりごとがあり
それをわきまえずに公の場に出てしまうと 大変恥ずかしい思いをいたします

洋装は和装ほど厳しくはありませんが やはりルールに則った出で立ちでないといけません

結婚式や披露宴に 白や白に近いドレスで出席する
昼間の披露宴に 肌の露出の多いドレスで出席する
膝より上の短い丈のドレスを着用する
ファーの着いたお洋服を着用する
キラキラと輝くアクセサリーを身に付ける など  ついしてしまいがちですね

ご不幸事の際は
光沢のある生地を着用する
ネイルやメイクが濃かったり キラキラしていたり またバッグが革製であったり
靴やバッグに華やかな飾りが付いている ハンカチや傘といった小物が普段通りである
二連の真珠ネックレスを身に付ける など

だんだんとそういったしきたりを守っている方が少なくなっているようです

ですから 若いお嬢様方の中に こうしたしきたりをしっかりと守っておられる方を見ると
ほっと安心します
きっとそのお嬢様のお母様やお祖母様が常々 きちんとした装いをされていて
お嬢様にもしっかりと躾されているのでしょう

知っているようで案外知らないルールやマナー お有りですよね
今更聞けない TPOについて 
しっかりと学び 若い世代へと継承していける大人の女性でありたいと思っています
学びたいと思った時が学び時 今更・・・なんてことはございません

私といっしょに 学んでいきませんか?
マナーを知って真のレディーになりましょう!!

ブライトアドバイザー マダムKeiko

芦屋発・オリジナルエプロン、シュシュ、オーダーバッグの
芦屋 LE TABLIER (ル・タブリエ)

http://letablier.net/

〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町11-7
FAX:0797-31-4079

お問い合わせはコチラ